since 2013
last update 2013/7/20



はっきりとした意思表示を!



ホームステイ経験者であれば分かると思いますが、
相手の家族は受け入れた人が
どのような人なのかを詳しくは知りません。
しかしサービス精神が旺盛なので、
色んな事を教えてくれますし、勧めてくれます。

例えば食事の時にはかなり強引におかわりを勧められます。

日本の感覚としては、
断るのは良くないと思ってしまいがちですが
外国の感覚ではそんなことはありません。

必要ないのであれば、断りましょう。

印象が悪くなるのではないかと不安な場合は、
「美味しかった、ありがとう」など一言付け加えれば良いです。

強引に勧めるのも、
全ては喜んで貰いたい・滞在中を楽しんでもらいたい
というサービス精神から来ているものなので
あなた自身が楽しむ選択をするのが一番なんですよ♪

ホームステイであれば、家族として受け入れてくれるので
多少語学が不自由でも問題はないと思います。

しかし、アルバイト先ではそうはいきません。

相手の言葉が聞き取れず、聞き返すのも悪いと感じて
「YES」しか言わない人にはならないようにしてください。

分からないことは教えて欲しいと言い、
分かることは進んでやるようにしましょう。

そうでなければ、面倒な仕事は
全てあなたに押し付けられる可能性もあるんですよ。

このように、日本ではマイナスなイメージがあり、
遠回しな表現で使う「NO」も
渡航先ではストレートに表現します。

相手に悪いと思うかもしれませんが、
断れる癖をつけたいものですね。

Copyright (C) 2013 ワーキングホリデーの色々 All rights reserved