since 2013
last update 2013/7/20



イギリスへ渡航!



少し更新の期間が空いてしまいました・・・

前回まではワーホリそのものについて触れてきましたが、
今回の記事ではイギリスについてお話しようと思います。

なぜ突然イギリス?と思われた方、すみません。
イギリスをピックアップした理由は特にありません。

単に管理人の好きな国だからです。

記事を読む前に一つ注意してほしいのが、
イギリスのワーキングホリデービザは
1年に1回しか募集しない
ということです。

しかも1000名限定なのでかなり倍率が高く、
ビザを手に入れるのは宝くじのような確率だとか。
話を戻して・・・
管理人がイギリスを好きなポイントはいくつもあるんですが、
まずは観光名所でいっぱいな所ですかね。
街も、いかにもヨーロッパという感じで好きです。

ロンドン・アイという観覧車や・・・



バッキンガム宮殿など



凄くきれいです。

あとはヨーロッパなんですけど、英語が通じます。

管理人は英語がペラペラな訳ではないので
洗練されたお洒落な街で英語が学べるなら、
多少自由度は低くてもイギリスへ留学したいなぁ・・・
と思ってしまいます。 

そして国民性も好きですね。
他のヨーロッパの国で、かなり冷たい対応を受け、
日本人だから差別されているのかな・・・と
少し悲観的になってしまった時期もありましたが、
イギリスではそのような思いはしていません。
たまたまだったかもしれませんが。

また、アジア人は新製品や限定品と聞くと
飛びついてしまう人が多いですが
イギリスの人はそのような印象はありません。

買い物で満足感を得るというよりは
自分たちのペースで好きなように楽しく過ごす
という生活で満足感を得ているような印象があり、
そのような人たちを見ていると
管理人もこうなりたいなぁと思います。
(管理人も限定品には弱いです。)

食べ物は世界一不味いと言われていますね。。
旅行だと外食で入った店が不味かったらショックですけど
ワーホリだったり留学で行くと、
向こうで生活するわけですから
自炊することも多くなります。

それにイギリスに知り合いもできますから
地元の人に美味しいレストランを聞くと
不味いなんてことは無いと思いますよ。

反対に「世界一不味い料理」を
味わってみたい気がしますが・・・(笑)


Copyright (C) 2013 ワーキングホリデーの色々 All rights reserved